2020年9月19日 (土)

ウタツグミ

世界一星空が美しいといわれている「テカポ湖」で一泊した

あいにくの夜空だったが、ルピナスは咲いていて満足

 Tekapo_20200919001101

Tekapo1

善き羊飼いの教会で「ウタツグミ」に初めて会う

Utatugumi3

入植者の持込外来種だがNZに馴染んでいて、その後あちこちの公園でも会えた

Utatugumi2

Utatugumi

2020年9月11日 (金)

アカハシギンカモメ

沿岸部ではアカハシギンカモメがたくさんいた

ニュージーランドと南極近くの島固有種

Ahgk

Ahgk3

Ahgk4

オタゴ半島の繁殖地

Ahgk5

Akahashi1

Ahgk1

Ahgk2

Ahgk6

2020年9月10日 (木)

ミナミオオセグロカモメ

ミナミオオセグロカモメを内陸の湖で見かけた時は1羽ずつだった

Kamome2_20200910231601

M-ooseguro1

オタゴ半島ではたくさんいた

Z1_20200910231601

Z2_20200910231601

2020年9月 7日 (月)

ハシグロカモメ

2015年10月31日~11月8日

ニュージーランドを訪ねた 

目的はラピナスの咲く湖とロイヤルアルバトロス

南島のクィーンズタウンを拠点に移動した

春爛漫のクィーンズタウンは美しい観光地だった

Nz1

人馴れしたカモメはハシグロカモメ(NZ固有種)

Hasiguro5

Hashiguro3

Hashiguro1

ハシグロカモメは内陸の湖でみかけた  

Hasiguro4

つばめのねぐら入り

夏の終わりが近づくと繁殖を終えたツバメたちが集まる場所があります。

陽が沈むと河口のアシ原に何千、万のツバメたちがあちこちから飛んできて

ねぐら入りするのを見るのは壮観です。

Tsubame_20200907094501

Z1_20200907093701

Z2_20200907094601

Z3_20200907094601

Z5_20200907094601

Z7_20200907094601

Z6_20200907094601

Z33

ここから南の国へ旅立つのかな

2020年8月24日 (月)

ユキスズメ

 ツェルマットの高山地帯を散策

いくつもの氷河が目前にせまる光景に何度も出会う

Z3_20200824000801

Hyoga

アルペンローズが咲き、アルプスマーモットを見かけた

アルプスマーモットは1年のうち9か月冬眠して過ごすそう  羨ましい。。。

Z2_20200824001001

Mar

2羽の鳥がいた ユキスズメだった

Yukisuzume5

Yukisuzume6

クチバシが黄色は冬羽

Yukisuzume1

花をちぎっていた

Yukisuzume4

Yukisuzume3

神様の寄せ植え

Hanataba

広大な美しい景色に出会えた旅だった

2020年8月23日 (日)

クロウタドリ

ツェルマットの民家の庭でクロウタドリを見た
黄色いアイリングが愛らしいKurouta1

Kurouta2

ズアオアトリが囀っていた

Zuao

イエスズメ

Iesuzume_20200823010701

マッターホルンの朝焼けを見た

Mt2

 

Mh1

2020年8月22日 (土)

ハシグロヒタキ

ツェルマットに滞在した

ロープウェイで山へ上がり、エーデルワイスの花を捜して歩く

Z4_20200822002701

やっと見つけた

Ew

鳥がいた  ハシグロヒタキだった

Hashigurohitaki1

Hashigurohitaki2

ツートンカラーのヤギたちは気ままに行動していた

Yagi

ツェルマットの町では少女がヤギを率いて行進していた

Photo_20200822002701

2020年8月21日 (金)

キバシガラス

2014年7月スイスの山を散策した

グリンデルワルトに宿泊  

アイガー

Z1_20200821234501

登山鉄道でユングフラウヨッホの展望台へ  初めて氷河を見た

Z2_20200821234501

帰りは途中の駅で降りて、高山に咲く花を見ながら歩く

Kibashigarasu1

高山に住むキバシガラスは人馴れしていた

Z3_20200821234501

なんかちょうだいと寄って来る

Kibashigarasu2

2020年8月 6日 (木)

ツバメチドリ

梅雨が明ける前、雨が止むと信じて、ツバメチドリに会いに行く

見つけにくい鳥だがようやく見つけた

1羽見つけると10羽ほどいた

夏羽

Tsubamechidori6

冬羽、幼鳥もいた  群れで移動しているようだった

Tsubamechidori1

Tsubamechidori2

Tsubamechidori4

Tsubamechidori5

 Tsubamechidori7

«アオバズク