2024年4月 3日 (水)

ハイイロガン

ハイイロガンに会う

前にアイスランドで繁殖しているハイイロガンに会ったことがあるが、ヨーロッパで繫殖するのはキバシハイイロガンで

中国北部、モンゴルなどで繁殖するのはハイイロガンとのこと 特徴はクチバシの色がピンクだそうだ

今回はクチバシの色がピンク色だった 3羽のサカツラガンの交雑種?と一緒に行動していた

Haiirogan4

Haiirogan5

Haiirogan1

Haiirogan2

 

アイスランド レイキャビクの公園で人馴れしている キバシハイイロガン

Img_5866b_20240403230801

 

遠ざかっていく郊外の キバシハイイロガン

Haiirogan6b_20240403231301

2024年3月10日 (日)

公園

近所の公園をぶらぶら

コガモ

Kogamo3

Kogamo5

 

オオバン

Ooban_20240310233001

 

ツグミ

Tsugumi_20240310233001

 

コゲラ

Kogera_20240310233001

 

ミヤマガラス

Miyamagarasu

コゲラを除いてみんなは、そろそろお別れだね

旅の無事を祈ってます

2024年3月 5日 (火)

オレンジアワー

陽が落ちて、オレンジアワーになった


4羽のコサギ

Kosagi4

Kosagi2

Kosagi1

Kosagi3

 

ヘラサギ

Herasagi2_20240305234301

Herasagi1_20240305234301

2024年3月 3日 (日)

ツクシガモ

ツクシガモは東よか干潟で3000羽以上が越冬するが、見るには遠いことが多い

蓮田で会うツクシガモはわりと近くで見れるので嬉しい

Tsukushigamo2

Tsukushigamo1

Tsukushigamo3

Tsukushigamo4

 

タゲリ

Tageri2_20240303234201

Tageri

 

2024年3月 1日 (金)

マガンとヒシクイ

干拓地をウロウロ

大きな鳥が飛んだ マガンとヒシクイだ

Gan

Magan1_20240301002501

Magan2_20240301002501

Magan3_20240301002501

Hishikui_20240301002501

2024年2月25日 (日)

沖縄探鳥⑧ リュウキュウヨシゴイ

初見のリュウキュウヨシゴイは擬態しているらしく、ほとんど動かないので撮り放題(笑)

R-yoshigoi1

R-yoshigoi5

R-yoshigoi4

R-yoshigoi3

R-yoshigoi2

 

虹彩の後方に黒斑あり

R-yoshigoi7

2024年2月24日 (土)

沖縄探鳥⑦ クイナ

クイナに初めて会う  

出てくるまでじっと待つ

Kuina1

Kuina2

 

速足で駆け抜ける...

Kuina3

 

どこに隠れたのかと思ったら...        見つけた~~  Kuina4

2024年2月23日 (金)

沖縄探鳥⑥ シギチ

会えたシギチたち

 

タシギ

Tashigi1

 

セイタカシギ

Seitakashigi_20240223143901

 

イソシギ

Isoshigi1_20240223144201

 

クサシギ

Kusashigi2_20240223145501

 

ヒバリシギ

Hibarishigi1_20240223144001

Hibarishigi4_20240223144001

 

コチドリ

Kochidori1_20240223144501

Kochidori2_20240223144501

 

コアオアシシギ

Koaoashishigi1

 

アオアシシギ

Aoashishigi1_20240223145001

Aoashishigi3

2024年2月22日 (木)

沖縄探鳥➄ シロガシラ

シロガシラも群れで行動

Shirogashira3

Shirogashira2

Shirogashira1

Shirogashira4

2024年2月21日 (水)

沖縄探鳥④ シマキンパラ

シマキンパラ(アミハラ)に会う

群れで食事中 動きが速くて、、

Amihara5

Amihara1

Amihara3

Amihara2

 

イソヒヨドリ

Isohiyo

Isohiyo1_20240221020001

 

カワセミ

Kawasemi

2024年2月20日 (火)

沖縄探鳥③ アマサギ  チュウサギ

アマサギも沖縄では冬鳥・旅鳥

群れで行動するアマサギたちに会えた

サトウキビ畑のトラクターの周りに群れる

Amasagi7

Amasagi1_20240222004101

 

少し夏羽根

Amasagi6

 

チュウサギは単独行動

Tyuusagi5

Tyuusagi4

Amasagi4_20240220220401

Amasagi3_20240220220401

Amasagi2_20240220220401

Sagi

2024年2月19日 (月)

沖縄探鳥➁ サシバ

環境省やんばる野生動物保護センターでもらった「やんばるの鳥」によると、

サシバは10月に通過する旅鳥だが、その一部は居残り、越冬する個体がいるとのこと 

地元では夏鳥だが、あちこちでサシバに会えた

Sashiba1_20240219002701

Sashiba2_20240219002701

Sashiba3_20240219002701

Sashiba4_20240219002701

 

ノスリ

Nosuri_20240219003801

 

チョウゲンボウ

Tyougenbou_20240219003801

 

ハイタカ

Haitaka1

2024年2月18日 (日)

沖縄探鳥① ヤンバルクイナ

鳥友さんたちと沖縄探鳥

県北のやんばるをウロウロ 

道路わきで採食しているヤンバルクイナに会うことができて大喜び

Y-kuina8

Y-kuina5

Y-kuina1

Y-kuina6

Y-kuina3

2024年1月14日 (日)

カワアイサ

カワアイサは今年も来てるかなと近くの渓流をパトロール

キセキレイとクサシギに会う

Kisekirei

Kusashigi_20240114190001

 

さらに上流のいつものところへ

キンクロハジロが6羽

Kinkuro2

Kinkuro1

 

オシドリは向こう岸の暗い草かげ

Oshidori_20240114190001

 

いた~~! 今年もカワアイサ3羽、いつも♀ばかり 男子禁制?

石の上で寝てばかり。。。  ちょっとだけ1羽が顔を見せてくれた

Kawaaisa2_20240114190001

Kawaaisa3_20240114190001

 

カワアイサの顔上げを長いこと待っていたら、ヤマセミが来てくれて嬉しかった

Yamasemi1_20240114190001

Yamasemi2

2023年11月19日 (日)

石垣島探鳥 ⑤ シギチ

渡りのシギチたちにも会えて嬉しかった

 

タカブシギ

Takabushigi_20231119234601

 

アカアシシギ アオアシシギ

Akakashi-aoashishigi

 

セイタカシギ

Seitakashigi_20231119234601

 

エリマキシギ

Erimakishigi

 

チドリ

Chidori

2023年11月11日 (土)

石垣島探鳥 ④ カンムリワシ カタグロトビ

石垣島探鳥で見たかった

カンムリワシ

Kanmuriwashi4

Kanmuriwashi3

Kanmuriwashi1

Kanmuriwashi2

 

カグロトビ

Katagurotobi2

Katagurotobi1

 

ズグロミゾゴイ

Zuguromizogoi_20231119234101

 

シマアカモズ

Shimaakamozu

2023年11月10日 (金)

石垣島探鳥 ③ ナイトツアー オオクイナ リュウキュウコノハズク

夜の鳥たちの様子をガイドさんに見せてもらった

ズグロミゾゴイ

Zuguromizogoi

 

リュウキュウコノハズク

Ryukyukonohazuku

 

リュウキュウアオバズク

Ryukyukaobazuku

 

リュウキュウアカショウビン

Ryukyuakasyoubin

 

オオクイナ

Ookuina1

Ookuina2

2023年11月 3日 (金)

石垣島探鳥 ② 農耕地にて

アマサギたちはトラクターのそばで餌捜し

Amasagi2_20231103015801

Amasagi1_20231103015801

 

ツメナガセキレイ

Tsumenagasekirei

 

コウライキジの群れ

Kouraikiji

Kouraikiji2

 

シロハラクイナもすぐに隠れる。。。

Shiroharakuina

 

アボセット

Aboset

 

白孔雀がいてびっくり!

Shirokujyaku

2023年11月 2日 (木)

石垣島探鳥 ① ムラサキサギ クロサギ 

10月13日~16日 石垣島で探鳥

Z2_20231102003001

 

リュウキュウキジバト

Ryuukyuukijibato

 

ムラサキサギ

Murasakisagi2

Murasakisagi3

Murasakisagi1_20231103013101

 

クロサギは南西諸島に多い白色型

Kurosagi2_20231102003001

Kurosagi1_20231102003001

Z1_20231102003001

2023年10月23日 (月)

オーストラリア探鳥 ニールホーキンズパーク

ムラサキオーストラリアムシクイに会えた後、ジューンダラップのニールホーキンズパークで探鳥
駐車場でインコとオームが大騒ぎしていた。

 

モモイロインコ

Momoiroinko1_20231023013101

Momoiroinko2_20231023013201

 

アオビタイムジオウム

Akabitaimujioumu3

Akabitaimujioumu1_20231023013401

Akabitaimujioumu2

Akabitaimujioumu4

 

ゴシキセイガイインコ

Goishikiseigaiinko2

Goshikiseigaiinko1

 

湖にはシロハラコビトウとカイツブリがいた

Shiroharakobitou

Kaitsuburi1

 

オーストラリアセイケイ

Ogseikei

 

オーストラリアクロトキ

Oglkurotoki1

Oglkurotoki2

 

タテガミガン

Tategamigan

Goshikiseigaiinko3

たくさんの初見の鳥に会えた

2023年10月19日 (木)

オーストラリア探鳥 ヤンチャップ国立公園 ⑤ タテガミガン ツチスドリ

タテガミガン(オーストラリア固有種)の群れ

Tategamigan1

 

 

前 ♀  後ろ ♂

Tategamigan3

 

雛連れ

Tategamigan2_20231019214201

 

ツチスドリ ♂

Tsuchisudori_20231019214801

 

ツチスドリ ♀

Tsuchisudori

オーストラリア探鳥 ヤンチャップ国立公園 ④ ムラサキオーストラリアムシクイ

オーストラリアの旅はこの小鳥に会いたかったから

ムラサキオーストラリアムシクイ、尾羽までいれて12~13cm

最初に♀を見つけて大喜び

Murasakimushikui1

 

繁殖に参加しない♂は♀に似ているが風切り羽が青いのだそう

Murasakimushikui6

 

Murasakimushikui2

Murasakimushikui5

 

ピンと尾羽を立てるのがお決まりのポーズ

Murasakimushikui7

Murasakimushikui8

Murasakimushikui9

愛らしい鳥が遊んでくれて幸せだった

2023年10月11日 (水)

オーストラリア探鳥 ヤンチャップ国立公園 ③ キバシヘラサギ クビワツクシガモ

湖で会った鳥たち

ハイイロコガモ

Haiirokogamo

 

オーストラリアセイケイ

Austrariaseikei1

Austrariaseikei2

 

キバシヘラサギ

Kibashiherasagi1

Kibashiherasagi2

 

クビワアカツクシガモ

Kamo2

Kamo1

Kubiwaakatsukushigamo3

2023年10月10日 (火)

オーストラリア探鳥 ヤンチャップ国立公園 ② モモイロインコ

コダイマキエインコ

Kodaimakieinnko3

Kodaimakieinnko1

Kodaimakieinnko2

 

モモイロインコ

Momoiroinko1_20231010215101

Momoiroinko2

仲良しペア

Momoiroinko3

Momoiroinko4

オーストラリア探鳥 ヤンチャップ国立公園 ① ワライカワセミ

パースの北、車で1時間ほどのヤンチャップ国立公園で探鳥

カンガルーがたくさんいた

Kangaru2


今回、どこでも会えた アカミミダレミツスイ

Akamimidaremitsusui4

 

カササギフエガラス

Kasasagifuegarasu5

 

ニジハバト

Nijihabato

 

会いたかったワライカワセミ

Waraikawasemi3

Waraikawasemi1

なんと もう1羽飛んできた!

Waraikawasemi2

2023年10月 4日 (水)

オーストラリア探鳥 パース エリックシングルトン鳥類保護区

翌日、荒れ模様の天気予報なので、朝のうちに車で15分ほどのエリックシングルトン鳥類保護区に行った

パースを流れるスワン川沿岸にいくつもある自然保護区のひとつ 住宅地に隣接していてそんなに広くはない

しかし、舗装された道にそって小さな川があり、その向こう側は人も犬もよせつけない沼地でうっそうとしていた

犬の散歩の人たちとすれちがいながら、鳥に会う

 

ウタイミツスイ

Utaimitsusui

 

不明の小さなミツスイ 

Mitsusui

 

マミジロカルガモ

Mamijirokarugamo

Mamijirokarugamo2

 

カササギフエガラス Kasasagifuegarasu2

Kasasagifuegarasu4

Kasasagifuegarasu3

 

ヨコフリオウギビタキ

Yokofuriougibitaki1

Yokofuriougibitaki2

 

アカミミダレミツスイ

Akamimidaremitsusui

 

午後はパースの北部にある白砂のランセリン砂丘へドライブ

Z_20231004000801

 

ギンカモメ

Ginkamome1_20231004000801

Ginkamome2_20231004000801

強風でこれ以上の探鳥かなわず

ドライブ中に オーストラリアチゴハヤブサ が飛んでいるのをなんどもみかけた

2023年10月 1日 (日)

オーストラリア探鳥 パース キングスパーク

9月11日~16日 オーストラリアへ探鳥旅行

LCCの格安航空券の節約旅行で春が始まったばかりの南半球へ

見たことのない鳥たちに会えるはず!

福岡空港からバンコク、クアラルンプールと乗り継いでパースに到着

レンタカーでキングスパーク、ボタニカルガーデンへ 

ワイルドフラワーが咲き誇り、鳥たちも忙しそうでした

Z2_20231001205601

Z3_20231001205601  

 

公園はパースを見下ろせます

Z1_20231001205801

 

オーストラリアにはたくさんの種類のインコとオウムがいます

アカビタイムジオウム

Akabitaimujioumu1

 

モモイロインコ

Momoiroinko1

 

ミツスイも多いです

アカミミダレミツスイ

Akamimidaremitusui1

Akamimidaremitusui2

 

ホオジロキバネミツスイ

Hoojirokibanemitsusui

 

ミナミワタリガラス

Minamiwatarigarasu

 

帰り道のデイゴの街路樹でミツスイ親子

Akamimidaremitusui3

2023年9月25日 (月)

コウノトリ

南へ帰る途中のツバメがたくさん飛んでいた

Tsubame_20230925230801

 

ツメナガセキレイにちらっと会えた

Tumenaga-s

 

コウノトリは成鳥1羽だけに会えた

Kounotori6

Kounotori5

Kounotori3

2023年9月24日 (日)

オジロトウネン

30羽ほどの小さな鳥の群れが飛んだ

スズメ?  トウネン?

肢が黄色い  オジロトウネンだった

オジロトウネンに会うのはいつも1羽か2羽だった

群れで移動するオジロトウネンに初めて会った

Ojirotounen6

Ojirotounen7

Ojirotounen2

Ojirotounen1

Ojirotounen3

2023年9月23日 (土)

トウネン

渡りのシギに会いたくて、久しぶりにハス田のパトロール

トウネンの小さな群れがいた

Tounen3_20230923225801

Tounen2_20230923225801

Tounen1_20230923225801

Tounen5_20230923230101

Tounen4_20230923225801

 

違うハス田で 水鏡

Tounen7

Tounen8_20230923230201

Tounen9

2023年9月 5日 (火)

アオバズク

アオバズクが今年も来てくれた

オスは昼間の巣の見張りを怠らない

Aobazuku1_20230905233901

 

今年は雨が長く続き、子育てが遅れたようだった

早朝、顔を出したヒナに会えた

Aobazuku2_20230905233901

 

巣立ちしてお母さんと

Aobazuku5_20230905233901

Aobazuku6_20230905233901

 

残りのヒナの巣立ちを家族で待つ

Aobazuku3_20230905233901

 

数日後、もう一羽のヒナが巣から出てきた

Aobazuku8_20230905233901

今年は2羽のヒナが巣立つことができた

来年も来てね~~

2023年9月 3日 (日)

ツバメのねぐら入り

夏が終わるころ、陽が沈むと河口の芦原にツバメたちが集まってくる

ツバメのねぐら入りだ

芦原はどこでもよいのではない

ここの芦原には2万羽ほどが集まって夜を過ごす

ツバメのねぐら入りを見るのは私の「夏の風物詩」

9月の中旬くらいにはツバメたちは南の国へ旅立つ

1_20230903175601

3_20230903175601

2_20230903175601 

3_20230903175601

5_20230903175601

2023年7月18日 (火)

コウノトリ日記 ⑤

7月6日

巣立ち間近と聞き、会いに行く

76c

76b

 

あ、浮いた!

76d

 

公募で名前がつけられた

大きいほうが♂で「シロ」

小さいほうが♀で「カノン」

76e

7月9日 「シロ」巣立ち

7月11日 「カノン」巣立ち

 

7月13日 兄妹だけ採食

713c

713b

713e

2023年7月15日 (土)

コウノトリ日記 ④

6月3日

63c

3羽のうち1羽が5月31日落鳥  残りの2羽がんばれ~

 

6月11日

611c

611d

611e

 

6月13日 足環装着

6月17日

617a

617c

617b

 

6月20日

620b

620a_20230716005101

2023年7月13日 (木)

コウノトリ日記 ③

コウノトリは4個の卵を産んだ

5月1日   1個めがかえったと聞いた 

5月15日 1羽のヒナが落鳥

5月27日 すくすく育った3羽のヒナ

527d

527c

527a

527b

2023年7月11日 (火)

コウノトリ日記 ②

3月20日 あちこち下見後、とある電柱を選び、そこでの営巣を九電さんが許してくれた

320

 

6日後 巣ができた!

326d

326c

326b

 

3月27日 抱卵しているようだ

327e

 

その後も巣材を運び、生まれてくるヒナに備える

327f

 

42b

42c

2023年7月10日 (月)

コウノトリ日記 ①

2023年3月11日

昨年、生まれたヒナ鳥が カラス? に取られて繁殖に失敗した コウノトリのペアがこの地にまた来てくれた

311c

311

311b

311a

311d

Kounotori1

2023年7月 1日 (土)

アナハイム 

ホテルの駐車場

クロツキヒメハエトリが営巣していた。

成鳥

Kurotutkihimehaetori2

Kurotukihimehaetori1

 

幼鳥

Kurotukihimehaetori3

Kurotukihimehaetori4

 

メキシコマシコ幼鳥

M-mashiko3

 

探鳥地は eBird Japan 「ホットスポットを探す」で決めた

「詳細を見る」を押すとそこで見られた鳥の名前が写真と日付で表示されていてとても便利だった

Map_20230701193501

アナハイム コーブスパーク ④

金網越しに水辺をのぞく

メリケンアジサシが営巣しているようだった

Merikenajisashi2

Merikenajisashi1

 

オカヨシガモ

Okayoshigamo

 

アメリカシロペリカン

America-shiroperikan

 

カナダガン

Canadagan

 

クビナガカイツブリ

Kubinagakaitsuburi1

Kubinagakaitsuburi2

 

オオアオサギ

Ooaosagi

2023年6月27日 (火)

アナハイム コーブスパーク ③

テンニンチョウ (外来種)

Tennintyou

 

アメリカガラス

Americagarasu

Americagarasu2

 

ヒメコンドル

Himekondoru2

Himekondoru

Himekondoru3_20230627005501

 

不明

X6

2023年6月26日 (月)

アナハイム コーブスパーク ②

会いたかった初めてのハチドリ「アレンハチドリ」

セミのように小さかった

Arenhachidori2

Arenhachidori4

Arenhachidori8

Arenhachidori

 

カリフォルニアムジトウヒチョウ

California-mujitouhityou

California-mujitouhityou3

California-mujitouhityou4

2023年6月25日 (日)

アナハイム コーブスパーク ①

3日目は近くのアナハイム コーブスパークで探鳥

Map

地図の緑の線の住宅地と水域の間の舗装された遊歩道を2時間ほど歩いただけだったが

鳥層が厚く、ひっきりなしに鳥が現れるので鳥類センターのようだった 楽しかった~

 

マネシツグミはよく鳴いていた

 

Maneshitsugumi3

Maneshitsugumi

 

カリフォルニアカケス

Ckakesu

Ckakesu2

 

メキシコマシコ

M-mashiko

 

ナゲキバト

Nagekibato3

 

シラコバト

Shirakobato_20230625193901

 

2023年6月24日 (土)

ジョシアツリー国立公園

二日目は砂漠の鳥に会いたくてジョシアツリー国立公園へ

ジョシアツリー国立公園はジョシアツリーと巨岩だらけだった

Joshua-tree2

Joshua-tree3

 

ロッククライミングを楽しむ人がいた

Joshua-tree4

 

カリフォルニアカケス

Kakesu2

Kakesu1

 

ノドグロヒメドリ

Nodogurohimedori2

Nodogurohimedori

 

日本では北海道にいる ワタリガラス

Watarigarasu

 

カリフォルニアジリス

Jirisu

2023年6月23日 (金)

カリフォルニア探鳥 ボルザ・チカ②

コアジサシなどのための営巣保護地(写真右手)があった 高い金網で囲まれていて外からはほとんどみえない

Z3_20230623013001

 

遊歩道を歩く

Z1_20230623011801

 

アカクロサギ(暗色型)

Akakurosagi1

Akakurosagi2

 

チュウシャクシギ?

Tyuusyakushigi

 

アメリカダイシャクシギ

America-daisyakushigi

 

ミミヒメウ

Mimihimeu1

Mimihimeu2

 

アメリカオオセグロカモメ?

C-kamome2

 

アメリカコアジサシ

America-koajisashi

 

アジサシが群れて飛んだ  広告飛行機も飛んでいた

Z2_20230623011201

2023年6月22日 (木)

カリフォルニア探鳥 ボルザ・チカ①

2023年6月5日~10日 

大谷さんの応援でカリフォルニアへ
エンジェルス球場で3試合観戦

ナイターなので昼間は探鳥を楽しむ

1日目はボルザ・チカ環境保護地  

Dscn0129

 

ユキコサギ

Yukikosagi1

 

ツバメのおなかは茶色だった

Tsubame_20230622011001

 

ウタスズメ

Utasuzume

 

サバンナシトド

Sabannashitodo1

Sabannashitodo2

2023年5月30日 (火)

コアジサシ - 2

だれかもらってくれないかな~

 3_20230530000301 

 

いい感じのペア

Photo_20230530000301

Photo_20230530000601

 

水浴び

5141

 

雄叫び?

5142

 

夕暮れ

5143

2023年5月27日 (土)

コアジサシ - 1

コアジサシ営巣地保護地では子育ての様子をみることができる

ヒナが小さいうちは親が抱いて過ごす

5252

 

お父さんまだかな~

5251

 

帰ってきた! 

おとうさ~~ん  おなかすいたよのアピール

5253

5254

 

食べたら、お母さんのもとへ

お父さんは休むことなく、次の魚をとりにいきます

5255

2023年5月19日 (金)

春の渡り ハス田

春の渡りのシギに会いたくてハス田をパトロール

バンが繁殖のためにきていた
Ban_20230519003001

 

団体さん見っけ~

Iroiro_20230519002901

 

タカブシギ

Takabushigi

 

ウズラシギ

Uzurashigi_20230519003001

Taka-uzura

 

タシギ

Tashigi

2023年5月14日 (日)

天山

天山に登る

登山道に、シハイスミレ

Photo_20230514124702

 

チゴユリ

Photo_20230514124701

 

バイカイカリソウ

Photo_20230514125001

 

ヒメハギ

Photo_20230514124901

 

山頂稜線部はツツジの花が準備中

3_20230514125201

 

天候条件が厳しいので小さい株が多いが精いっぱい咲いている

1_20230514125401

 

天山にはミヤマキリシマも咲く

2_20230514125401

 

ヒョウモンチョウ

Photo_20230514125501

 

モウセンゴケ

Photo_20230518232801

 

ホウチャクソウ

Photo_20230518232901

 

ヤマフジ? 上に向いてるけど?

Photo_20230514125502

Photo_20230514125601

2023年5月11日 (木)

ライチョウの夏羽に会いたい - 3  カヤクグリ らんまん

早朝

Photo_20230511211701

 

カヤクグリたちの声があちこちで聞こえてくる

Kayakuguri1

Kayakuguri2

Kayakuguri3

 

雪が溶けている美女平 標高977mまで下りて探索

高山杉の原生林の遊歩道で初めての「イワウチワ」に会う

Iwautiwa1

Iwautiwa2

 

ショウジョウバカマ

Photo_20230518235001

 

「ミツバオウレン」もお初  高山杉の森は「らんまん」だった~~  幸せ

Mitsubaouren2

 

富山湾の夕陽

Photo_20230511212001

ライチョウの夏羽に会いたい - 2

ライチョウのつがいは仲良し

♂ は♀の食事中ガード

5_20230511001101 

6_20230511001101

 

♂ の瞼の上の肉冠は真っ赤

C-1

 

足は暖かそう

8

 

マツの実が好物のよう

7_20230511001101

 

♀ は優しい顔

C-2

 

この個体は足輪なし

C

Photo_20230511210701

2023年5月 9日 (火)

ライチョウの夏羽に会いたい - 1

ライチョウの真っ白な冬羽を見たくて4月末、鳥友さんたちと富山県立山室堂平に行った

新幹線,特急サンダーバード、新幹線、電鉄、ケーブルカー、高原バスを乗り継いで10時間

終点標高約2500メートルの立山室堂平でバスを降りるとそこは銀世界

Photo_20230509220902

 

宿は日本一標高の高いところにある みくりが池温泉 

そこまで雪道を歩いていく途中であっけなく雷鳥に会う

雷鳥は雪からでているハイマツに隠れてつがいでいた

冬羽から一部夏羽に換羽が始まっていた

ペア A

4_20230509220901

 

ペア B

Photo_20230509220901

2_20230509220901

2023年5月 7日 (日)

春の渡り4 ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ

Nishiojirobitaki1

Nishiojirobitaki2

Nishiojirobitaki3

Nishiojirobitaki4

Nishiojirobitaki5

春の渡り3 クロツグミ

クロツグミ

Kurotsugumi6

Kurotsugumi7

Kurotsugumi3_20230507093701

Kurotsugumi5_20230507093701

 

Kurotsugumi4_20230507093701

Kurotsugumi8

春の渡り2 キビタキ

キビタキ

Kibitaki_20230507004401

Kibitaki2_20230507004401

Kibitaki3_20230507004401

Kibitaki4_20230507004401

春の渡り1

春の渡り鳥に会いに行く

時折小雨が降る中、渡りの途中の鳥たちに会えた

コムクドリ

Komukudori_20230507003801

 

ノビタキ

Nobitaki_20230507003701

 

シロハラ

Shirohara_20230507003701

 

アカハラ

Akahara_20230507003701

2023年3月26日 (日)

マガンとヒシクイ

マガンとヒシクイもよく一緒に行動している

Hishikui3

Hishikui2

Hishikui1

Magan1_20230326101501

2023年3月19日 (日)

クロツラヘラサギ ヘラサギ

クロツラヘラサギとヘラサギは一緒に行動していることが多い

Kurotsura3_20230319120801

Kurotsura2_20230319120801

Kurotsura4_20230319120801

Kurotsura1_20230319120801

 

みんなで移動

Kurotsura6_20230319120801

 

夕暮れ

Kurotsura5_20230319120801

2023年2月 9日 (木)

色鳥どり

パトロールの続き

沢沿いのうす暗い車道で色鳥どりの鳥さんたちに会えた

シロハラ

Shirohara_20230209234301

 

セグロセキレイ

Segurosekirei

 

クロジのカップル

Kuroji

 

アオジ

Aoji_20230209234401

 

ルリビタキ

Ruribi1

Ruribi2

Ruribi3

2023年2月 7日 (火)

カワガラス

近くの山をパトロール

たまに雪がちらつく中、元気なカワガラスたちに会った

Kawagarasu1

Kawagarasu5

Kawagarasu3

Kawagarasu4

 

以前に撮った子育て中のカワガラス 3月だった

Kawagarasu

2023年2月 2日 (木)

ホノルルの鳥たち ー 10 ムナグロ、アマサギ

公園には野良?の鶏たちが10羽ほどいて、早朝のコケコッコーで目が覚めた

Niwatori 

 

鶏?

Niwatori1

 

ムナグロ若鳥は単独、 あちこちで会えた

Munaguro_20230202233101

 

アマサギもあちこちで会った

Amasagi1_20230202233201

Amasagi2_20230202233201

2023年2月 1日 (水)

ホノルルの鳥たち ー 9 シリアカヒヨドリ、インドハッカ

Tree

電線むきだしのコードがたれさがったような変わった木があるものだと感心してみていたら、近くの木にヒヨドリ?

後で調べたら、シリアカヒヨドリ (熱帯地域原産)だった
Shiriakahiyodori1

Shiriakahiyodori

 

インドハッカはどこでもいた

Indohattuka1_20230201234901

Indohattuka2_20230201234901

Indohattuka3_20230201234901

Indohattuka4

2023年1月30日 (月)

ホノルルの鳥たち ー 8 メキシコマシコ、ハトたち

メキシコマシコは北アメリカ原産

Mekishikomashiko1

Mekishikomashiko2

 

チョウショウバトはどこでも見かける小さいハト

Tyousyoubato1

 

ドバトは白が多い

Dobato_20230130003401

 

カノコバトもいた

Kanokobato

他に ナゲキバト もいたが 気づかずにうまく撮れていなかった 残念

2023年1月24日 (火)

ホノルルの鳥たち ー 7 コウカンチョウ(紅冠鳥)

コウカンチョウ は 南アメリカ大陸原産  代表的なハワイの鳥

家族またはペアで行動する

Koukantyou1

Koukantyou4

Koukantyou2

Koukantyou3

 

幼鳥は頭が茶色  2016年12月

Koukantyou5

2023年1月23日 (月)

ホノルルの鳥たち ー 6 ブンチョウ

一羽の鳥が草をついばんでいた 

Buntyou6

 

初めて会うブンチョウだった    原産地はインドネシア  

Buntyou7

Buntyou2 

 

キンノジコといるこの子は?

Buntyou5

 

散歩の人が来て、プルメリアの木に飛んだ

Buntyou4

Buntyou3

名前がわからなかったが、帰国後、ハワイの愛鳥家にブンチョウの若鳥と教えていただいた

成鳥になるにつれて嘴が赤くなるそう

2023年1月20日 (金)

ホノルルの鳥たち ー 5 キンノジコ

明るい黄色の鳥を見つけて大喜び

キンノジコは南アメリカ原産

1羽か2羽で見かけた  ♀ は地味色だそうで会えなかった

Kinnojiko1

Kinnojiko2

Kinnojiko6

2023年1月19日 (木)

ホノルルの鳥たち ー 4 キマユカナリア

キマユカナリア は小さな群れで食事していた

アフリカ原産、♂は黄色が濃い  さえずりが美しいそうだが 食事に夢中だった

Kimayukanaria1

Kimayukanaria7

Kimayukanaria3

Kimayukanaria8

Kimayukanaria5

2023年1月17日 (火)

ホノルルの鳥たち ー 3 オナガカエデチョウ

公園の芝生で 初めて見る小鳥たちに会った

スズメより小さく、顔のインパクトが強い オナガカエデチョウ

太くて赤い過眼線、くちばしも赤、数十羽で行動していた

ハワイで最も小さな鳥のひとつだそうで、アフリカ南部が原産

Onagakaedetyou1

Onagakaedetyou2

 

Onagakaedetyou7

Onagakaedetyou5

2023年1月16日 (月)

ホノルルの鳥たち ー 2 ホンセイインコ

シロアジサシの隣の木で 5羽ほどの ホンセイインコ 全長41cm が食事をしていた

原産地はアフリカ中部など  篭脱け鳥が野生化したもの

Honseiinko1

Honseiinko4

 

黒い首輪があるのは ♂

Honseiinko3

Honseiinko2

食べきれないくらいあるね

2023年1月15日 (日)

ホノルルの鳥たち ー1 シロアジサシ

娘の結婚式でホノルルに滞在した

ホテルはメインストリート沿い、ビーチまで続く公園のそば

朝、ベランダに出ると白い鳥が何羽も飛んでいるのが見えた

ハト?  いや 羽根の形がちがう!  アジサシ? こんな街中に??

Z2_20230117232501

 

ネットで調べるとシロアジサシがホノルルを好み街路樹に卵を産み、繁殖していることがわかった

シロアジサシはオアフ島の都市部にのみ生息し、3月から9月をホノルルで過ごす個体が主だが

通年いる個体もおり、繁殖は3月がピークとのこと。ペアのような仲良し、幼羽が見えるものがいた

Shiroajisashi2

Shiroajisashi1

Shiroajisashi5

Shiroajisashi3

Shiroajisashi4

Shiroajisashi6

Z4_20230117235401

夜は大きな木に集団で休んでいた

ハワイ語で「マヌオクー」  2007年よりホノルル市の鳥

2022年11月24日 (木)

奄美大島探鳥8 クロサギ

クロサギ

Kurosagi1_20221123234601

Kurosagi2_20221123234601

 

クロサギ白色型

 Kurosagi5

Kurosagi7

Kurosagi6

2022年11月22日 (火)

奄美大島探鳥7 ヨーロッパトウネン

干潟は美しかった

Z_20221122222201

 

捜すとシギチがいた

シロチドリ

Shirochi1

 

ムナグロ

Munaguro_20221122223601

 

キョウジョシギ

Kyoujyoshigi2

Kyoujyoshigi1

 

ハマシギにの中に1羽のトウネン?

嘴が長く、初列風切も長く、採餌の角度が大きいのでヨーロッパトウネンでよいとのこと
Europe-tounen3

Europe-tounen2

Europe-tounen1

2022年11月19日 (土)

奄美大島探鳥6 アマミヤマガラ

アマミヤマガラ

Amamiyamagara3

Amamiyamagara5

Amamiyamagara4

Amamiyamagara2

Amamiyamagara1

2022年11月18日 (金)

奄美大島探鳥5 リュウキュウメジロ

2羽のリュウキュウメジロがいた

ペアかな?

Ryuukyuumejiro1

Ryuukyuumejiro3

 

あれ? 行っちゃった  ちょっとしつこかったかな?  反省…

  Ryuukyuumejiro4

Z_20221118222601

2022年11月17日 (木)

奄美大島探鳥4 リュウキュウサンショウクイ

リュウキュウサンショウクイが近くで遊んでくれた

Ryuukyuusansyoukui4

Ryuukyuusansyoukui2

Ryuukyuusansyoukui3

Ryuukyuusansyoukui1

2022年11月15日 (火)

奄美大島探鳥3 アマミヤマシギ

暗い林道で、捜していたアマミヤマシギに会うことができた
Amamiyamashigi2

 

アマミノクロウサギも夜行性

Kurousagi

 

美しい蝶にも会えた

ツマムラサキマダラ

Tsumamurasakimadara

 

ツマベニチョウ

Tsumabeni

 

リュウキュウアサギマダラは、ここで集団越冬するそう

Ryukyuuasagimadara

 

シマシャジンが咲いていて大喜び

Shimasyajin

2022年11月13日 (日)

奄美大島探鳥2 サシバ

空港を出てからすぐにサシバに会った

その後、行く先々でサシバに会うことができた

旅の途中か、 またはここで越冬するのだろう

Sashiba1

Sashiba2

Sashiba4

Sashiba5

Sashiba6

Sashiba7

Sashiba8_20221113233201

2022年11月12日 (土)

奄美大島探鳥1 ルリカケス

10月末 初めて奄美大島を訪ねた   

ルリカケスに会いたかった

自然観察の森で歓迎してもらった

Rurikakesu1

 

Rurikakesu2

Rurikakesu5

Rurikakesu4

Rurikakesu3

2022年10月14日 (金)

エゾビタキに会いたい

10月2日 エゾビタキに会いたいと鏡山へ

着いてすぐ、見上げると 渡りが終わったと思っていたハチクマの鷹柱     南へ流れて行った

旅の無事を祈り、見送った

Hachikuma

 

渡りのオオルリがたくさん遊んでくれて大満足

Ooruri2_20221014004801

Ooruri1_20221014004801

Ooruri6

Ooruri4

 

キビタキ

Kibitaki

 

コサメビタキ

Kosame

 

エゾビタキにも会えて満足

Ezobitaki2

Ezobitaki

 

サメビタキ?

Samebitaki

2022年10月 8日 (土)

ツバメの旅

10月1日 干拓地

電線のツバメたち

Tsubame3_20221008001501

 

ショウドウツバメ 右 と ツバメ 左

Tsubame4

Tsubame5

Tsubame6

これからの旅に胸がふくらんでいるのかな?

2022年10月 4日 (火)

天山 秋の花

9月25日 天山の秋の花に会いに行く

キバナアキギリ

Kibanaakigiri

 

ヒメアザミ

Himeazami

 

アキチョウジ

Akityouji1

 

キンミズヒキ

Kinmizuhiki

 

ヤマホトトギス

Yamahototogisu_20221004231401 

 

タンナトリカブト

Tannatorikabuto

 

山頂で

マツムシソウ

Matsumushisou

 

ヤクシソウ

Yakushisou

 

咲き始めの ムラサキセンブリ

Murasakisennburi

 

帰り路で

アケボノソウ

Akebonosou

 

レイジンソウ

Reijinsou

 

タカクマヒキオコシ

Takakumahikiokoshi

 

アカガエルにも会えた

Akagaeru

2022年9月29日 (木)

クロハラアジサシ

セイタカシギを見ていたらクロハラアジサシが飛んできた
Kuroharaajisashi1

Kuroharaajisashi2

 

飛んでる鳥を撮るのは私には難しい。。

杭にとまってくれた

Kuroharaajisashi3

Kuroharaajisashi4

Kuroharaajisashi5

 

2022年9月23日 (金)

セイタカシギ タカブシギ 

9月17日 ハス田をパトロール

セイタカシギ

Seitakashigi3_20220923223801

Seitakashigi4_20220923223801

Seitakashigi6_20220923223901

Seitakashigi5_20220923223901

 

タカブシギ

Takabu1_20220923224101

Takabu2_20220923224101

Takabu3_20220923224101

2022年9月16日 (金)

東与賀干潟 9月10日

東与賀干潟   9月は潮が高い  またしても出遅れた、、

遊歩道の鳥たちを観察する

アカアシシギ

Akaashishigi_20220916235101

 

コアオアシシギ

Koaoashishigi_20220916235101

 

アオアシシギ

Aoashishigi1

 

コサギ

Kosagi

 

メダイチドリ

Medaichidori

Medaichidori1

 

シロチドリ

Shirochidori

 

キリアイ

Kiriai

2022年9月 6日 (火)

干拓地にて

9月4日  干拓地をパトロール

急に晴天となり、昼前の時間では先を急ぐ旅鳥たちの姿は少なかった

電線にツバメがいた  ん? 色が違う! 

ツバメとショウドウツバメだった

Tsubame_20220906220601

Syoudoutsubame

 

コアオアシシギはエサ取りに忙しそう

Koaoashishigi_20220906220901

 

クサシギも

Kusashigi2_20220906220901

Kusashigi_20220906220901

2022年9月 1日 (木)

東与賀干潟 8月28日

干潟は観察会や県外のバーダーで賑わっていた

オバシギ、ダイゼン、キアシシギ

Daizen_20220901000201

 

キアシシギ

Kiashishigi1

 

オバシギ

Obashigi1

 

ホウロクシギ

Hourokushigi_20220901000501

キリアイ

Kiriai1_20220901000601

 

ウズラシギ

Uzurashigi_20220901000701

 

くまさんに教えていただいた 東与賀干潟 三大珍鳥の一つ   カラフトアオアシシギ 

Karafutoaoashishigi1

Karafutoaoashishigi

 

チュウシャクシギ と カラフトアオアシシギ

Karafutoaoashishigi2

Tyuushakushigi  

2022年8月29日 (月)

東与賀干潟 8月15日

秋の渡りが始まった東与賀干潟

出遅れてしまい、歩道まで潮がきていた

 

チュウシャクシギ  ダイゼン

Tyuusyaku_20220828235201

 

オバシギ

Obashigi_20220828235301

 

オオソリハシシギ

Oosori2_20220828235501

Oosori4_20220828235701

 

オオハシシギ  ハマシギ

Oohashishigi2

 

ダイシャクシギ

Daisyakushigi_20220829000401

2022年8月21日 (日)

ツバメチドリ

旅鳥として干拓地で会う

地元では幼鳥を見ることが多い

Tsubamechidori9

Tsubamechidori2_20220821170201

Tsubamechidori3_20220821170201

Tsubamechidori4_20220821170201

 

セミをくわえて歩き回っていた  大きすぎて食べにくいのかな?

Tsubamechidori5_20220823222101

Tsubamechidori1_20220821170301

Tsubamechidori7_20220821170301

2022年8月15日 (月)

コアジサシ日記

野鳥の会佐賀県支部ではコアジサシ営巣地保護保全活動を行っている

営巣地へのネコ、カラス、ヘビなどの侵入を防ぐために

会員で早朝から、日暮れまで見守りを続けた結果、25羽巣立ちさせることができた

その中の1家族(4番) 、シングル親と2羽のヒナの記録

 

5月21日

卵を抱いている 卵は21日ほどで孵る

普通はカップルが交代で卵を抱くが、4番の交代はいない

午後暑くなると、親は近くのクリークで羽根を濡らして帰り、卵を冷やす

4-521-tamago

 

5月27日卵からヒナが3羽生まれた

親は小さな魚を採り、与える

4-527d

 

5月29日

親が魚を採りに行っている間、片親がヒナを抱いているが、

4番はヒナだけで待つ ヒナは2羽になった

4-529b

 

6月2日

片親だが、大きすぎるのでは?と思うくらいの餌を与えて、ヒナはみるみる大きくなる

4-62j

 

6月9日

羽ばたきの練習

4-69d

 

6月12日

少し飛べるようになる

4-612a

 

6月16日

すっかり産羽根?がはえ変わる

営巣地の囲いから飛び出し、近くの田んぼで初めての水浴びをした

4-616a

4-616c

4-616g

 

6月19日

4-619a

4-619d

 

6月23日

4-623a

 

6月30日

私が4番を見た最後の日

4-630

南への旅の途中、今どこですか?

来年も来てね~  待ってるよ~

2022年8月14日 (日)

山の水場

お山の水場では、鳥たちが姿をみせてくれます

ホオジロ

Hoojiro

 

ヤマガラ

Yamagara

 

ミソサザイ

Misosazai1

Misosazai2

 

キビタキ♂

Kibitaki1

 

キビタキ♀

Kibitaki2_20220814090501

 

キビタキ幼鳥

Kibitaki3

Kibitaki4

Kibitaki5

 

オオルリ♂

Ooruri1

Ooruri2

2022年8月11日 (木)

オホーツク探鳥4

小清水原生花園にて

野鳥の声CDで大のお気に入りだったオオジシギに初めて会う
あちこちであの賑やかな声が聞こえた

打ち上げ花火のように飛び出し、鳴きながらディスプレイ飛行をみせてくれた

Oojishigi1

Oojishigi2

Oojishigi3

 

アオジ

Aoji_20220811105901

 

オオジュリン

Oojyurin_20220811105901

 

ノビタキ、ノビタキ幼鳥

Nobitaki1_20220811105901

Nobitaki2_20220811110001

 

シマセンニュウ

Shimasennyu

 

ホオオカ、ホオアカ幼鳥

Hooaka_20220811110201

Hooka3

 

エゾフウロ

Ezofuuro

 

エゾカンゾウ

Ezokanzou

 

エゾスカシユリ

Ezosukashiyuri1

Z1_20220811110601

2022年7月28日 (木)

オホーツク探鳥3

オホーツク海沿岸には いくつもの原生花園があり、繁殖期を過ごす鳥たちに会えた

真っ赤なベニマシコ ♂ に大感激

Benimashiko2

Benimashiko1

 

ノビタキ♂

Nobitaki3_20220727235401

 

ノビタキ♀

Nobitaki

 

ベニマシコとノビタキ

Nobi-beni

 

コヨシキリ

Koyoshikiri

 

ノゴマ♂

Nogoma3

 

ノゴマ♀

Nogoma2

 

タンチョウ

Tantyou

Tantyou2

Z3_20220728000001

2022年7月20日 (水)

オホーツク探鳥2

知床半島へ

海沿いを進むとアマツバメが多く見られた

岩場でオオセグロカモメが営巣していた

Z1_20220720221501

Oosegurokamome2

Oosegurokamome1

 

下界は夏だったが、峠には雪渓があった

ガスの中、しばらく待つと赤い鳥が見えた

やった~!  会いたかった 「ギンザンマシコ」

赤い ♂ と地味な ♀ 、仲良くハイマツに顔を突っ込んで食事をしていた

Ginzan1

Ginzan2

Ginzan3

Ginzan4

Ginzan5

Ginzan6

Z_20220721230501

2022年7月18日 (月)

オホーツク探鳥1

北海道オホーツクの探鳥

森林性の鳥を探して山間部へ

エゾシャクナゲ

F1

 

ダム湖畔でルピナス(外来種)が咲いていた...  

F3

 

アオバト

Aobato

Aobato2

 

エゾコゲラ

Ezokogera1

Ezokogera2

 

エゾアカゲラ

Akagera

 

エゾライチョウ、クマゲラにはちらっとしか会えなかったけど

エゾシカ、エゾシマリスに会えた

Ezoshika

Ezoshimarisu2

Ezoshimarisu

2022年6月29日 (水)

コチドリ 日記4

生後26日

土管の上は親鳥

Kochidori1_20220629001101

Kochidori2_20220629001101

Kochidori3_20220629001101

Kochidori4_20220629001101

すっかり大きくなり、次に会ったら親鳥と見分けが難しくなった  

巣立ち間近

来年、またここで会おうね

2022年6月13日 (月)

コチドリ 日記3

生後13日

アイリングは黄色っぽくなり、胸の帯が太くなってきた

Kochidori2_20220613193001

Kochidori3_20220613193001

Kochidori5_20220613193001

 

親はレンガの上にのり、散らばる子供たちを監視、鳴いて呼び集める

Kochidori6

2022年6月11日 (土)

コチドリ 日記2

生まれてから1週間後

ヒナはすくすくと成長していた

Kochidori4_20220611093101

Kochidori5_20220611093301

 

疲れたのか親の元へ

Kochidori1

 

ちょっとつめてよ~~   

Kochidori2_20220611093101

Kochidori3_20220611093401

足が8本

2022年6月 8日 (水)

コチドリ 日記1

観察していたコチドリに3羽のヒナが生まれた

Kochidori3

 

これまでに見た鳥の中で最小だった 成鳥で 16cm 生まれたては 5cmくらい?

Kochidori4

 

コチドリは生まれてからすぐに、自分で餌を採らねばならない

心配そうに見守る親鳥

Kochidori5

 

驚く速さで走りまわり、自力で餌を採る

Kochidori2

Kochidori8

がんばれ~~!

2022年6月 5日 (日)

コチドリ

コチドリ

Kochi6

Kochi1

Kochi2_20220605233901

Kochi3_20220605234001 

Kochi4_20220605233901

Kochi5_20220605233901

«イソシギ